Category: Laravel

routesを使いこなす(1)resourceを使う

私が開発・管理しているプロジェクトのひとつは、もともとは過去に人気があったCodeIgniterで書かれたもの。過去2年の間に、それをLaravelのバージョン4で書き直し、さらに更新して現在はLaravelのバージョン5.2となっています。 それゆえに、最初のLaravelを使っての書き換えは、Laravelを勉強しながらの書き換えで、知らないことが多く、Route::controllerを多用していました。

親子関係のテーブルでのクエリーの作成(Eloquent編)

Laravel以前は、ほぼコードにSQL文を埋め込んでいたので、Eloquentよりクエリビルダーの方が馴染みあります。特に複数のDBテーブルをjoinした検索などには。 しかし、各Modelにおいてリレーションを定義していると、それを使用しないのがもったいないように思えてきます。 クエリビルダーでできることをEloquentではどうやるのか、興味ありありになってきました。

Debugbarで楽々デバッグ

以前に紹介した、Debugbar。 私には、もうなくてはならないものになりました。対象の画面で実行されたDBのクエリーはすべて見ることができるし、セッションの中身の値も確認できる。 そして、もうひとつ、プログラムの中で自分が見たいという変数をdebug()のヘルパー関数で、以下のように使用すれば、