phanは楽しい!(1)

php7に更新したら使ってみたいと思っていたツールがありました。

このphpの静的解析ツールツールの名前は、Phan。ファンと呼びます。多分、楽しいという英語のfunにひっかけて。Githubでは、以下で公開されています。

https://github.com/phan/phan

さて、これがどうして重要なツールかというと、
続き “phanは楽しい!(1)”

Laravelのアップグレードとgitでのバージョン管理

Gitは、開発になくてはならないバージョン管理のツール。Laravelのバージョンをアップグレードがあるときは、フォルダーやファイルが入れ替わるためにGitで新ブランチを作成してから、更新作業を行います。しかし、問題はこの新ブランチは現在のマスターの複製であるため、以前のバージョンのファイルがすでに存在することです。
続き “Laravelのアップグレードとgitでのバージョン管理”

Laravelの日本語のレポジトリ(Laravel 5.4)

Laravelの日本語のリポジトリをLaravel5.4に更新しました。もうLaravel5.5がリリースされていますが、Laravel5.5と違ってLaravel5.4は、php7でなくphp5.6のバージョンで動作する最後のバージョンなゆえに重要です。前回同様に、以下インストールの手順です。
続き “Laravelの日本語のレポジトリ(Laravel 5.4)”

php5.6からphp7.0へ

最近になってようやくphp5.6の環境からphp7.0へと移行をしました。すでにphp7.2RCも登場している昨今、今さらなんて声聞こえますね。

カスタマイスのプログラムを書いてその管理を長い間していると、プログラムは大きくなるし複雑になるし、簡単にphpの更新ができない、いや馴染んだ古巣から新しい世界へ行くのが恐ろしい!
続き “php5.6からphp7.0へ”

Laravelの日本語レポジトリ(Laravel 5.3)

** Laravelの日本語レポジトリをLaravel 5.4に更新したために手順において更新があります **

Laravelにおいて新規のプロジェクト作成はとても簡単。コマンドラインでいくつかのコマンドを実行をちょちょいとすれば完了。しかし、インストールされるのは英語のプロジェクト。テンプレートやメッセージの翻訳をいちいちしなければ日本語のプロジェクトにはならない。

ここのプロセスを簡単にと、Laravelバージョン5.3をもとに、開発者のために日本語化したレポジトリを作成してみました。
続き “Laravelの日本語レポジトリ(Laravel 5.3)”

パブリックキーを使用してsftp

中規模のECを営む私のお客さんのところでは、自社製品を持ち出荷するゆえに、自社のウェブで販売するのみではなく、他社でのウェブサイトでも製品が売られています。となると、そこからも注文データが来ます。

その発注データは、ウェブサービスを使用したAPIを使用して取得、というようなものではなく、彼らが生成した注文データをCSVファイルとして指定のサーバーに置かれ、それを毎日sftpでダウンロードして、システム内に取り込みます。

また、逆に自社サイトで販売した注文情報を、出荷や解析の目的で他のサーバーにsftpでアップロードというケースもあります。

ここで重要なのは、パブリックキーを使用したsftpのコミュニケーションが必要なことです。
続き “パブリックキーを使用してsftp”

Top